漢方と科学で背を伸ばす!「童伸(どうじん)」

カートを見る

童伸(どうじん)

童伸(どうじん)

「科学と漢方」でのびのびサポート!

「童伸(どうじん)」は西洋医ドクターと漢方医ドクターが長年の臨床と研究を重ね、西洋医学と漢方医学の融合医学視点から誕生した健康食品です。

童参、鹿の角、蜂の子、蟻の子をはじめ9種類の成分を配合しました。鹿の角はニョキニョキ伸びますが、哺乳類共通の軟骨系の成長因子が関与しているようです。その鹿角エキスをふんだんに使っている漢方です。子供の発育で悩んでいるときは、一度は試してください。
※一番煎じをお子様が飲んだら、二番煎じをお母さんが摂取してみてください。肌質が若々しく改善してきます。

単価:¥6,000(税別)
数量:
内容量 5g×15包※2箱で約1ヶ月分です。
お召し上がり方 ティーパック1包をお好みのカップに入れて300ccの熱湯を注ぎ、ふたをしてしばらく蒸してからお召し上がりください。1日1包を目安として、お好きな時間にお召し上がりください。

~さらに本格的に~

土瓶あるいは鉄以外の急須に、300ccの水と1包ティーパックを入れます。最初は強火で沸騰したらとろ火にして15分位煮つめ、煎じ終わったらティーパックを取り出してください。良薬は口にうまし
※ティーパックをずっと入れておくと、せっかく出てきた成分がまた中に入ってしまいます。
原材料 童参、鹿角粉末、蜂の子粉末、蟻の子粉末、牡蠣殻、山薬、山茱萸、杜仲葉、紅花

科学と漢方で背を伸ばす

漢方茶一人っ子政策が続く中国では、子供の成長にかける親の願いは極めて高いものです。身長を伸ばすことに関する漢方医学も急速に進歩しています。

人の成長はホルモン、栄養、生活環境、心理的環境などによって影響を受け、お互い関連しあっています。現代医学の背が伸びないメカニズムと要因に基づき、漢方医学で先天性と後天性の両面を考え、五臓の各臓器機能を最大限に引き出し発揮すると同時に、成長過程の身体に欠かせないものを補い、精神的にも安定させバランスよく成長させます。

↑ PAGE TOP